シティ情報ふくしま > イベント

Fteen 潜入!!放課後ハイスクール
2017 02
前日へ 19日 Sun 次日へ
 アート 多賀城市
特別展 工芸継承~現在から捉え直す国立工芸指導所~
 工芸の近代化と東北地方の工芸の発展を目的に、昭和3年に仙台市に置かれた「国立工芸指導所」。その指導所ゆかりの試作品を中心に、現在の暮らしを豊かにする工芸品も展示する。また、2月11日(祝)は漆作家による漆塗りワークショップ、26日(日)は仙台箪笥職人による塗装実演など様々な企画も実施予定。
 その他 福島市
ちびっこ自然探検隊~雪の森散歩とそり遊び~
 福島県こども・青少年政策課委託事業として、「フォレストパークあだたら」では、1年を通して『ちびっこ自然あそび』を開催。自然に触れ、思いっきり身体を動かせる外遊びイベントを行っている。
 2月は、雪遊びイベントを開催!スノーシューをはいて雪の森を探検しよう。森を知り尽くした「もりの案内人」のガイドで散策し、動物の痕跡を探したり、春を待つ冬の植物の工夫などを見たりする。その後はソリ滑りなどみんなで雪遊びを楽しむ。
 冬ならではの遊びを体験しに、ぜひ参加してみよう。参加希望の方は、電話にて申し込みを。定員各回20名。
 アート 郡山市
コレクション探訪 英国紳士の審美眼
 「郡山市立美術館」のコレクションの中から2つのテーマで展示。選りすぐりのイギリス版画約100点と、クリストファー・ドレッサーによる生活に根ざしたデザインの98作品が並ぶ。
 音楽イベント 福島市
親子で歌いつごう日本の歌「100選」inこむこむ
 文化庁選定の「日本の歌100選」に含まれる楽曲を、福島市内を中心に活動する音楽団体が歌や演奏で披露する。
 アート いわき市
絵本原画と忍術の秘密
忍たま乱太郎ミュージアム
 長く愛される人気アニメシリーズ『忍たま乱太郎』の展覧会。尼子騒兵衛(あまこそうべえ)による絵本の原画や、貴重な忍者道具コレクションが並ぶ。なりきりコーナーや体験コーナーも登場。写真撮影もできるので家族で楽しめるはず。先着3,000名に展覧会オリジナルバッジのプレゼントもあり。気になる方はお早めに。
 舞台 福島市
劇団120○EN 第21回公演「牛の角」
 福島市の若者を中心に活動するアマチュア劇団『劇団120○EN』による公演。2016年「東北・劇の陣」決勝出場作品「ヤンキーとストーカー -平成舞台心中-」と、福島市内のバーで上演した「パラレル・イタリアーノ」、そして今回の公演用に書き下ろした「地獄極楽」の3つの物語を短編集にして届ける。
 その他 北塩原村
第9回裏磐梯雪まつり
 キャンドルやアイスクリーム作りなどの体験コーナーの他、クレープやケバブなどを販売する屋台村もあり、1日楽しめる。また、2月17日(金)・18日(土)の夜は約3,000本のキャンドルがレンゲ沼に灯る「裏磐梯エコナイトファンタジー」や、「エコナイト花火」を実施。氷でできた「アイスBAR」も登場する。詳細はHP(http://www.urabandai-inf.com/yukimatsuri/)を。

▲澄んだ冬の夜空に打ちあがる花火は格別。キャンドルでより幻想的に!
 アート 仙台市
ルノワール展
 フランスの印象派の画家、ピエール・オーギュスト・ルノワール。今回は「バレリーナ」「二人の浴女」などの人気作品が国内外から集結。ルノワールの魅力を余すところなく紹介する。柔らかい光や、幸せな情感にあふれた貴重な作品をぜひ観に行こう。また、期間中は講演会や美術講座も実施予定。展覧会招待券の読者プレゼントもあり!詳細はP150をチェック。
 その他 山形市
樹氷ライトアップ
 「星瞬く夜空を超えて、幻想的な光の美術館へ。」をテーマに開催。ライトアップされた樹氷“スノーモンスター”を、ロープウェイに乗って眺めることができる。マイナス10℃以下になるので、防寒対策をしっかりして出かけよう。スキーやスノーボードの持ち込み、滑走は不可。スケジュールなどの詳細は、HP(http://zaoropeway.co.jp/zao/winter/lightup.html)で確認しよう。
 音楽イベント 福島市
第24回つばさの夢チャリティーコンサート
 障がいのある方が自分らしく生活していけるようにサポートする「社会福祉法人つばさ福祉会後援会」主催のコンサ―ト。今年は、沖縄県出身のシンガーソングライター・普天間かおりが登場。美しい歌声を披露する。また福島市内の4歳から高校3年生までで構成された「余目(あまるめ)一輪車クラブ」による一輪車のパフォーマンスや、つばさ福祉会の利用者による合唱のステージもあり、老若男女問わず楽しめる。

▲シンガーソングライター・普天間かおり
 その他 福島市
飯野つるし雛まつり
 今年で10回目を迎える飯野町の『飯野つるし雛まつり』。毎年、市民手づくりの祭りとしておもてなしの心を大切に、子どもたちの健やかな成長と町の活性化、伝統文化の継承を願って開催されている。
 祭りは、2月18日(土)から3月5日(日)までの16日間。初日の10時から飯野学習センターでオープニングセレモニーが行われ、今年小学生になる子どもたちによる歌の披露など、様々な催しが行われる。つるし雛は展示の他、一部販売もしているので、ぜひお土産に買って帰ろう。期間中は、フォトコンテストやミニコンサートの開催、雛作り体験、スタンプラリーなど様々なイベントを実施。土・日曜日には模擬店も出店する。第10回を記念して誕生したマスコットキャラクターもお披露目となるのでこちらもお楽しみに!詳細はHPで確認を。